2006年10月18日

シックハウス症候群

●シックハウス症候群とは
主に新築の家に入ったり、居住した際、目がしみたり、頭が重くなる症状。建材、防蟻剤、防カビ剤、抗菌剤に含まれる有害化学物質が原因。壁紙の接着剤として用いられるホルムアルデヒドが有名。ひどい場合は、急性の肺炎、アトピーの出現、悪化、うつやけんたい感といった神経症状が出る。

同様の症状として、シックスクール症候群、シックカー症候群がある。

●シックスクール症候群とは
住宅の建材や接着剤など揮発性が高く溶剤に使われるトルエン化学物質(揮発性有機化合物=VOC)を吸うとことにより、鼻やのどの痛み、頭痛、めまい、集中力の減退といった症状が出るシックハウス症候群と呼ばれているが、これと同様のことが学校で発生することをシックスクール症候群と呼ぶ。学校の増改築で使われた新建材や塗料、学校で日常的に使われているワックスやフェルトペン、洗剤、校庭の樹木への農薬散布、プールの塩素などが原因で健康被害を受ける”シックスクール症候群”に苦しむ子どもたちが増えている。また、同様に自動車や列車内で発生する症状をシックカー症候群と呼ばれており、シックスクール症候群同様、最近、その症状を訴える人が多くなり問題となっている。

●シックカー症候群とは
住宅の建材や接着剤など揮発性が高く溶剤に使われるトルエン化学物質(揮発性有機化合物=VOC)を吸うとことにより、鼻やのどの痛み、頭痛、めまい、集中力の減退といった症状が出るシックハウス症候群と同様に自動車内のシートの表皮やカーペット、天井材など、内装に使用されているVOCによって鼻がツンとしたり、目がチカチカしたりする症状を”シックカー症候群”と呼ぶ。







posted by たけ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1484551
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック