2006年10月10日

第五福竜丸事件

●第五福竜丸事件●
1954年(昭和29)年3月1日午前3時42分に、日本の第五福竜丸とう漁船の乗組員が中部太平洋、ミクロネシア東部にある珊瑚礁(さんごしよう)の島々のマーシャル諸島ビキニ環礁で行われたアメリカの核実験(水素爆弾)により被爆したという事件。
第五福竜丸は、静岡県・焼津(やいづ)港の遠洋マグロ延縄漁船であった。
その核実験は、広島に投下された原爆の約1,000倍、第2次世界大戦の爆弾総量の約5倍の威力をもつもので、アメリカの「キャッスル作戦」の1発目として「ブラボー」と名付けられた15メガトン(予定では6メガトンであったが、核融合反応の計算ミスなどから15メガトンとなった)の水爆
であった。これにより、第五福竜丸の乗組員23人は死の灰により被爆した。
posted by たけ at 23:40| Comment(1) | TrackBack(1) | 環境事故
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。
実は私、未だリンクやトラックバックの意味も遣り方も分からない初心者です。
そちらのブログでいろいろ勉強させていただきます。
宜しくお願いします。
Posted by OLION at 2006年10月19日 14:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1431970

この記事へのトラックバック

discount generic viagra
Excerpt: a_Ya__a_?_?a__a_Ta_ra_?a,^a,_a_-a__a_S蕁~a_,a_-a__a_Ta_,
Weblog: discount generic viagra
Tracked: 2006-12-10 05:31