2006年11月19日

土呂久鉱毒事件

<土呂久鉱毒事件>
 土呂久(宮崎県)周辺で発生した公害病で、猛毒の亜砒酸を生産する
鉱山で回収されなかった砒素が煙突から亜硫酸ガスとともに大気中に
放出されたり、砒素を多量に河川に放出したため、大気、水、土壌の汚染が進んだ。
このことにより、鉱山の労働者や周辺の住民が、急性、亜急性、慢性の
砒素中毒となり死亡した。4大公害病(水俣病、第2水俣病、イタイイタイ
病、四日市ぜんそく)に次ぐ、第5の公害病といわれている。
posted by たけ at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境事故

レドックスフロー電池

<レドックスフロー電池とは>
 正極負極の電解液にイオン価数の異なるバナジウムイオン水溶液を使い、
電極間で電子をやりとりすることで充放電を行う電池のことで、他の電力
貯蔵システム用蓄電池に比べエネルギー密度は低いものの、バナジウムの
価数変化のみの反応であるため、基本的に充放電による劣化がなくリサイ
クル寿命が長い。常温で作動するため保守管理が容易であるとともに、
千分の1秒というごく短時間で充放電応答が可能。


posted by たけ at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境事故

中国松花江汚染事故

<中国松花江汚染事故>
中国吉林省吉林市のベンゼン工場が爆発したことにより、黒竜江
(アムール川)支流の松花江の水質が汚染された。爆発事故は、死者5人、行方不明者1人、負傷者60人を出す惨事となり、爆発によりベンゼン類100トンが松花江に
流出し、沿岸地域数百万人の住民の生活に多大な影響をもたらした。
 
 この松花江汚染事故の原因を作った子会社「吉林石化分公司」の于力・
総経理(社長)兼党委員会書記は更迭された。
posted by たけ at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境事故

2006年11月12日

フェロシルト

<フェロシルト>
 酸化チタン製造工程で発生する沈殿汚泥を原料とした土壌埋め戻し材と
しての用途を有する石原産業(本社大阪・化学メーカー)のリサイクル製品
の製品名。2005年10月、愛知、三重、岐阜の3県でフェロシルトを使った
土壌から境基準を超す六価クロムとフッ素が検出された問題で、製造元の
石原産業が他の工程で発生した廃液を故意にフェロシルトに混入させ
処理費を軽減していたことがわかった。


posted by たけ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境事故